家庭用レーザー脱毛器は本当に効果があるのか疑問

家庭用レーザー脱毛器はエステや医療機関で行われているものと原理は同じです。

脱毛したい部位にレーザーを当てます。レーザーは皮膚を通し毛の元の黒い色素に反応します。そしてレーザーの熱によって毛の元にダメージを与えることで生えにくくする方法です。

一度で綺麗になるのではなく、毛の周期に合わせて定期的に照射します。回数を重ねることで、毛は徐々に細くなり抜け落ちます。

しかしレーザー脱毛は危険を伴う行為でもあります。お肌の状態が悪かったり、強い出力で当てすぎると火傷や炎症の恐れがあります。

家庭用レーザー脱毛器は誰が使用しても安全で危険がないようにかなり弱い出力のレーザーしか照射できません。それでは毛の元まで確実に届かず、なかなか効果を発揮することができません。

そしてエステや医療機関に比べて照射できる範囲も狭いので時間がかかります。いつでもどこでも自分の好きなときにできるのが魅力ですが、肝心な効果は低いものです。

根気よく続けてもなかなか効果を感じることができないので途中で使用をやめてしまう方がほとんどです。

家庭用レーザー脱毛器の宣伝や広告では、永久脱毛と説明していることがありますが、家庭用機器で永久脱毛することはまず不可能です。エステや医療機関でも厳密には永久ではありません。

費用だけで見るとお得なのですが、決して安いものではありません。効果が出るかわからないものに、お金をかけるのは無駄です。確実な効果を求めているのでしたら、ぜひ専門の施設での脱毛をお薦めします。